戻る

『さみしい王女』金子みすゞ

こんな詩がある。

おもちゃのない子が
さみしけりゃ
おもちゃをやったらなおるでしょう。

母さんのない子が
かなしけりゃ
母さんをあげたらうれしいでしょう。

母さんはやさしく
かみをなで、
おもちゃは箱から
こぼれでて

それでわたしの
さみしいは、
何を貰うたらなおるでしょう。

 ふと立ち止まって考えてしまった詩だ。このフレーズの中のさみしいが、少しわかる気がしたのだ。何かを与えられることでは埋められない空虚感、欠落感。「さみしい私」は、「私」自身の魂のさびしさを問うているのだ。


 好きな作品に、『さみしい王女』というのがある。

さみしい王女


つよい王子にすくわれて、
城へかえった、おひめさま。


城はむかしの城だけど、
ばらもかわらずさくけれど、


なぜかさみしいおひめさま、
きょうもお空をながめてた。


  (まほうつかいはこわいけど、
  あのはてしないあお空を、
  白くかがやくはねのべて、
  はるかに遠く旅してた、
  小鳥のころがなつかしい。)


街の上には花がとび、
城にうたげはまだつづく。
それでもさみしいおひめさま、
ひとり日暮れの花園で、
真紅なばらは見も向かず、
お空ばかりをながめてた。

 さびしさの根源にあるものを、みすゞは直感的に知っていたのではないかと思う。その魂の望む自らのあり方と、周囲の価値観や倫理観が指し示すものらとのズレが、この詩にはストレートにあらわれている。

 王女の冒険は、自分で困難を克服することによって終結しない。突然あらわれたつよい王子、自分ではない他者の存在によって、自ら乗り越えるはずであった試練は断ち切られるのだ。それは何の達成感ももたらさない。ただ空漠とした喪失感が残るばかりだ。

 王女は何者にもなれず、どこにもいけない。成長を遂げる機会を奪われ、けれども城の人たちは、浮かれ騒ぐばかりで、その哀しみを共有する相手もいない。

 王女のさびしさは、胸に迫ってせつない。

金子みすゞは終生その欠落感を、そっと胸にかかえていたのではないだろうか。だからなお、そうでない世界を慕い願ううたの数々は、強く強く、心をゆさぶるのかもしれない。

 
22 OCT '03